CRO Hack

リブ・コンサルティングが運営するオウンドメディア。 日本のCRO(Chief Reve…

CRO Hack

リブ・コンサルティングが運営するオウンドメディア。 日本のCRO(Chief Revenue Officer)を支えるためのノウハウ、事例、インサイトを提供していくnoteです。ベンチャー・スタートアップ企業向けコンテンツが多めです。

最近の記事

  • 固定された記事

CRO(Chief Revenue Officer)とは?日本イチ細かく解説します

初めまして! CRO Hackを運営している株式会社リブ・コンサルティングの権田です。 突然ですが、皆さんは「CRO」という言葉をご存じでしょうか? CROをGoogleで検索すると出てくる情報は「医薬品開発業務受託機関」の略ですが、私たちが使っているCROは別の意味を持ちます。 今回、この「CRO Hack」というnoteを立ち上げた背景は、まだ日本では浸透していない役職「CRO(Chief Revenue Officer=チーフレベニューオフィサー)」を担う人を増やし

    • ソニー流 大規模事業開発の秘訣とは

      はじめにこんにちは!CROHackです。 「自社で事業開発を行ってもなかなかスケールしない…」 「社内から複数の新規事業を生み出したいが、なかなか難しい…」 このようなお悩みを抱えていらっしゃる大手企業の事業開発責任者の方は多いのではないでしょうか? 今回の記事はそのような企業の方々に向けて、大規模な事業を次々と成功させているソニーグループ株式会社の御供様から、 ● 1000億規模の事業開発を成功させるポイントは何か ● 事業開発を継続する組織カルチャー作りのポイントは

      • 爆速成長スタートアップのグロースの軌跡 RevComm編

        こんにちは!CROHack編集長の大島です。 先日書いた「Go to Market戦略の作り方」がご好評を頂きまして、ありがとうございます。 先日より、急成長スタートアップ企業の経営者様をゲストに迎え、グロース(Go to Market)の軌跡について伺う「グロースの軌跡」セミナーを連載企画としてスタートいたしました。その記念すべき第一回ゲストとして「會田様にお話し伺いまして、今回はその内容をまとめました。 また、第2回のUPSIDERの宮城社長編も参加者募集中ですので

        • 業界最注目ベンチャー企業らが語るEV・GX領域の事業開発のポイントとは何か?

          はじめにこんにちは、CROHackです! 多くの企業において、異なる領域で新しいビジネスの種を見つけ、育てる”新規事業開発”が求められるなかで、リブ・コンサルティングでは「事業開発SUMMIT2023」を開催しました。 今回は、「次世代ビジネスの最前線(GX×事業開発編)」と題し、大阪大学大学院の西村氏とパワーエックス木下氏が語るGX/EV領域における事業開発のポイントや、大手企業とベンチャー企業におけるオープンイノベーションのあり方を解説します。 今回ご登壇頂いたお二人

        • 固定された記事

        CRO(Chief Revenue Officer)とは?日本イチ細かく解説します

          生成AIによって”事業開発”はどう変わるのか

          こんにちは!CROHackです。 近年、テクノロジーの進化の中でも特に注目を集めているのが生成AIの技術です。事業開発の面においてもこの先進的な技術は、各業界や専門家による検討が日々繰り広げられており、現代のイノベーションの中心となっています。 今回は、生成AIが事業開発にどのようなイノベーションを起こし、それに対してどう向き合っていくべきかについて解説させていただきます。 今後生成AIを事業開発に活用する上でのヒントが盛りだくさんの内容となっております!ぜひ参考にしてい

          生成AIによって”事業開発”はどう変わるのか

          事業開発の"速度を圧倒的に変える"ソーシャルセリングの考え方

          初めにこんにちは!CROHackです。 事業開発を行ってもなかなかスケールしない… 事業開発のスピード感に課題を持っている… このようなお悩みを抱えている事業開発責任者の方は多いのではないでしょうか? 今回の記事はそのような企業の方々に向けて、近年新しいBtoBのマーケティング方法の1つとして注目されている「ソーシャルセリング」に注目し、 ①事業開発にソーシャルセリングがどう役立つのか ②ソーシャルセリングがより効果的になるサービスの特徴 の2点についてまとめさせていた

          事業開発の"速度を圧倒的に変える"ソーシャルセリングの考え方

          100社以上のグロース支援から見えた Go to Market戦略の作り方

          この記事は以下に移管されました。 https://www.libcon.co.jp/venture/column/doc_0003/

          100社以上のグロース支援から見えた Go to Market戦略の作り方

          ”大手企業だけが持つアセットにスタートアップだけが持つ戦い方をする”オープンイノベーションの成功の秘訣とは?

          はじめにこんにちは、CROHackです! 今回は、「企業提携の成功法則」と題し、TOPPANホールディングス朝田氏とユニファ土岐氏が語る大手企業×ベンチャー・スタートアップ企業における共創のあり方(メリットや、乗り越えるべき壁)を解説します。 共創背景にある「ミッシングピース」の合致オープンイノベーションのモデルケースともいえる、関係資産を保有するTOPPANグループと、技術資産を保有するユニファの共創背景を紐解きます。 祖業の縮小による、次の成長エンジンの創出のための

          ”大手企業だけが持つアセットにスタートアップだけが持つ戦い方をする”オープンイノベーションの成功の秘訣とは?

          リクルート秘伝のタレ「ヨミ会」を覗き見してみた

          数あるリクルート用語の一つ「ヨミ会」。 リクルート流の営業管理会議を指す言葉であること、ベンチャー/スタートアップ領域でセールスに携わっている方であればご存じの方もいるかもしれません。 しかしながら「ああ、あれね」と思った方、果たしてどれくらい細かく知っていますか?? 単語としては知っていても、なかなか鮮明にイメージできるほどに解像度高く理解できている人は実は少ないでしょう。まして、自社のマネジメント体制に落とし込めている組織はごくわずかではないでしょうか。 当記事では、6

          リクルート秘伝のタレ「ヨミ会」を覗き見してみた

          営業-顧客間のブラックボックスを可視化し、アップセル/クロスセルを進める3つのポイント

          アップセル/クロスセルの営業DXあなたの会社は、「既存顧客からの売上を最大化できている。」と自信を持って言えますか? 既存顧客対応は、新規開拓と比べると劣後されやすく、管理の仕組みがあまり整備されないまま現場メンバーに丸投げというケースも少なくないかと思います。 しかし、高い業績を残している営業パーソンの2人に1人は既存顧客管理を非常に重要視しているというデータもあるように 市場の成熟が進む中で、既存顧客管理を効果的に行えるかどうかは、今後の営業組織においてますます重要な

          営業-顧客間のブラックボックスを可視化し、アップセル/クロスセルを進める3つのポイント

          8か月で900件の紹介を創出!?誰もが紹介を生み出せる魔法の4Sとは?

          ようやく新型コロナウイルス感染症が5類に移行され、コロナ禍もひとまずは収束したと言える状況です。 しかし、この3年間で起こったリモート化とそれに伴う顧客関係性の変化の一部は、New Normalとして今後も残り続けるでしょう。 では、そんなコロナ禍を業績を落とさずに乗り越えた企業と、大きく落とした企業との違いは何でしょうか? いくつかあると思いますが、一つ大きかったこととして「既存顧客との関係性の深さ」が挙げられます。 「なるほど、新規受注が難しくなった分、既存顧客深耕で

          8か月で900件の紹介を創出!?誰もが紹介を生み出せる魔法の4Sとは?

          「OKR」と誤解されがちな「人事評価制度」との関係性とは

          近年、ビジネス界で注目を集めている「OKR(Objectives and Key Results)」は、Googleやインテルなどの有名企業をはじめとする多くの企業で採用されています。 人事評価制度の改定を検討する際、OKRの導入も選択肢に挙がるケースが多いのではないでしょうか? 従業員の意欲を高め、組織全体で効果的に目標を達成するための手段として認知が広まったOKRをどのように人事制度に組み込むべきか、「OKRの基本」と「誤解されがちなポイント」を紹介します。 OKR

          「OKR」と誤解されがちな「人事評価制度」との関係性とは

          売上成長率2倍は"ツール"で達成? ヤフー秘伝の営業マネジメントツール「逆算くん」を徹底解剖!

          4年間で売上成長率2倍を実現したヤフーとその背景にあるセールスイネーブルメント 4年間で売上成長率2倍を実現したヤフー ヤフーは、競争が激しい市場においても、着実に売上アップを実現しています。 ※今回はヤフーショッピングの事業を取り上げて解説していきます。 売上アップの要因は、「ヤフーには非常に優秀な営業人材がそろっているからだろう」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、実情としては、ヤフー広告の営業メンバーの8割が非正規社員であり、営業経験が非常に豊富で、

          売上成長率2倍は"ツール"で達成? ヤフー秘伝の営業マネジメントツール「逆算くん」を徹底解剖!

          Chat GPT4にエンタープライズセールスのポイントを聞いてみた

          こんにちは、CROHack編集長の大島です。 来週セミナー「若手社員でも大手企業セールスで成果を生み出すABCセールスとは~ コンサル会社におけるエンプラセールスの成功事例をオフレコで公開します ~」を開催します! 開催にあたり、少しでも参加者が増えたらなと思い、 流行りに乗っかり「ChatGPT4」を使って記事を書いてみました。 ChatGPT4にエンタープライズセールスのポイントの記事を書いてもらったので是非読んでみて下さい。 本記事では、ChatGPT4に依頼した条

          Chat GPT4にエンタープライズセールスのポイントを聞いてみた

          出版をマーケティング成果につなげるために

          本日は、ブックマーケティング=書籍を活用したマーケティング戦略を考えるポイントをお伝えしていきます。 ブックマーケティングとはブックマーケティングの言葉は2つあります。 本日は②自社のサービスや商品を書籍出版を通して拡散する目的の活動 を行うポイントをお伝えします。 ビジネス書の読者ニーズをあらためて整理するマーケティングに関わる方は、一度は聞いたことのある言葉 50年ほど前の言葉ですが、現代でもマーケティング本質は変わっていません。 セオドア・レビットの言葉に当て

          出版をマーケティング成果につなげるために

          エンタープライズ向けカスタマーサクセスこのい成功の秘訣-鍵は「熱感」コントロール-

          この記事は以下に移管されました。 https://www.libcon.co.jp/venture/column/doc_0008/

          エンタープライズ向けカスタマーサクセスこのい成功の秘訣-鍵は「熱感」コントロール-