Sales for B2B Tips

14
CRO/CEO/COO/CMO…たくさん存在するCxO(最高○○責任者)の違いとは
+3

CRO/CEO/COO/CMO…たくさん存在するCxO(最高○○責任者)の違いとは

こんにちは、CRO Hack編集長の松尾(@daisukemo)です。 CEOやCOOをはじめ、昨今ではCMOやCTO、CFOなど、最高●●責任者という役職が数多く存在していますが、役割が混在して捉えられているケースもあり、「すべてをきちんと理解している」と胸を張って言える方は少ないのではないでしょうか。 そこで今回は、基本的な話としてCEOとCOOの違いやそれぞれのCxOと呼ばれる役職の役割や職務について改めてまとめてみました。CROHackで注目している「CRO」とい

スキ
12
【まとめ】2021年注目の国内SaaS企業とは
+1

【まとめ】2021年注目の国内SaaS企業とは

-加熱する日本国内でのSaaS事情こんにちは、CRO Hack編集長の松尾(@daisukemo)です。 近年の日本市場において、SaaSビジネスを主にしたスタートアップが急速に増えています。人事・マーケティング、営業支援その他さまざまな領域において競争が激しくなっており、さながら戦国時代のようなレッドオーシャンの様相を呈してきました。 総務省の「平成29年版情報通信白書」によると、SaaS市場は2021年には5,752億円にまで成長することが予測されているというのは有名

スキ
16
”グロースハック”を語る上で外せないイノベーター理論・キャズム理論とは?
+1

”グロースハック”を語る上で外せないイノベーター理論・キャズム理論とは?

こんにちは、CRO Hack編集長の松尾(@daisukemo)です。 CROHackではこれまで何度も「グロースハック」に焦点を当てた内容を公開してきたのですが、グロースハックと共に語られることが多いのが「イノベーター理論」や「キャズム理論」といったワードです。 しかし、こういったマーケティングに基づく理論やフレームワークは多様な種類があり、1度ではなかなか覚えられないというのも事実としてあるでしょう。 そこで今回は、比較的ライト目な内容として、イノベーター理論とキャ

スキ
4
<速報!>ICCサミット KYOTO 2020に参加してきました!
+7

<速報!>ICCサミット KYOTO 2020に参加してきました!

CROHackの坊(@crohack_bou)です。 今回はICC(Industry Co-Creation)サミット KYOTO 2020の1日目に参加して参りましたのでそちらを共有させて頂ければと思います。 ICC(Industry Co-Creation)とは「ともに学び、ともに産業を創る」ことをコンセプトに、毎回250名以上が登壇し、900名以上が参加しており、期間中は、参加者同士が朝から晩まで議論し、学びあうためのセッションが盛りだくさんのエクストリーム・カンファ

スキ
9
チャーンレートを徹底解説!-計算方法や下げるための施策とは?
+1

チャーンレートを徹底解説!-計算方法や下げるための施策とは?

こんにちは、CROHack編集長の松尾(@daisukemo)です。 SaaS事業におけるKPIには、CAC(カスタマーアクイジョンコスト)やユニットエコノミクス(LTV÷CAC)などがありますが、それらに並んで重要とされているのが”チャーンレート”です。 チャーンレートとは解約率のことで、どれだけの顧客を維持しているのかを表す指標として、SaaS事業におけるKPIとして利用されるほか、投資家から見たときの評価軸の一つとしても見られている重要な指標です。 そこで今回は、

スキ
13
リードクオリフィケーション-リードスコアリングに変わるリード絞り込み方法
+3

リードクオリフィケーション-リードスコアリングに変わるリード絞り込み方法

こんにちは、CROHackです。 多くのリードを獲得した際に、マーケティング部門としてはなるべく多くのリードを営業部門に引き渡したくなるものでしょう。これまでのマーケティングの常識はプロセスの中身は変わっても基本はファネル型でした。 引用:TOKYO MARTECH BLOG このファネル自体を入口から大きくすることがこれまでのマーケティングの当たり前でした。KPIをこの数に設定しているマーケティングのチームも多いでしょう。 しかし、その実態はファネルの上位層(潜在層

スキ
6
SLA(Service Level Agreement)-営業とマーケティングを連携させる数値基準の決め方
+2

SLA(Service Level Agreement)-営業とマーケティングを連携させる数値基準の決め方

こんにちは、CROHackです。 顧客主導の今の世の中において、インサイドセールスの重要性が高まっている背景も含めて営業とマーケティングの連携は非常に重要な要素です。しかし、営業部門とマーケティング部門が密にコミュニケーションを取り、一致団結して顧客1人1人に向けて最適な情報提供を行っている…と自信を持って言える組織は少ないのではないでしょうか。 営業部門とマーケティング部門を連携させるためには、それぞれにSLA(Service Level Agreement)を定義する

スキ
10
SaaS事業における目標達成に向けたKPIとは?-絶対に見るべき6つの成長指標

SaaS事業における目標達成に向けたKPIとは?-絶対に見るべき6つの成長指標

こんにちは、CROHackです。 SaaS事業は顧客数(ユーザー数)が利益へと直結するため、あらゆる角度から事業を数値化することが可能です。 そのため、KPI(重要業績評価指標)として、MMR(月間経常収益)やチャーンレート(解約率)、LTV(顧客生涯価値)など様々な指標を用いることで、事業を成長させるためのアプローチ方法を探ることができます。 今回のnoteでは、SaaS事業における目標達成に欠かすことのできないKPIをはじめ、絶対にチェックしておきたい6つの成長指標

スキ
12
SaaS事業の健全度を測るCAC(カスタマーアクイジョンコスト)とは?

SaaS事業の健全度を測るCAC(カスタマーアクイジョンコスト)とは?

こんにちは、CRO Hack編集長の松尾(@daisukemo)です。 近年、急激に需要が伸びて市場も拡大しているSaaS(Software as a Service)ですが、SaaS事業を展開していく上で気をつけなければいけないポイントがいくつかあります。 その中でも今回ご紹介するのが、SaaS事業の”健全度”を測るCACというメトリクス(指標)です。 このnoteでは、CACとはどういった指標なのか、計算する目的、同様に重要なメトリクスであるLTVとCACではどちらに

スキ
6
高生産性のコンサルタントが使う!PC時短術20選
+2

高生産性のコンサルタントが使う!PC時短術20選

こんにちは、CROHackの坊(@crohack_bou)です。 これまでは、事業グロースや育成関連ついての記事を執筆させて頂いておりましたが、そもそもCROを目指すにあたって、第一ステップとなる、「仕事の生産性」を上げる最も基礎的なスキルについて書いていきたいと思います。 新卒1年目、入社してから企業ごとに様々な研修を受けるわけですが、その中でも“生産性”を追求する業界では当たり前とされているPC操作について、“これだけは絶対に押さえておきたい”最低限の時短術をご紹介で

スキ
17