マガジンのカバー画像

収益を「向上させる」

47
マーケティング、営業、そして営業組織など、事業成長・収益向上を続けるための記事をまとめています。
運営しているクリエイター

#営業

生き残りをかける ウィズコロナ時代の新規・既存営業戦略

いよいよ営業のアップデートは一刻を争う 初めまして、CROHackを運営しているリブ・コンサルテ…

CRO Hack
2年前

急成長SaaS -拡大する国内市場規模とモノづくり神話からの脱却【無料DL】

みなさんの会社では、どのようなツールを活用しているでしょうか?テレワークで活用が進むZoom…

CRO Hack
2年前

神田昌典氏と語る!リモートファースト時代の営業必勝法とは【part1】

「そういえば、まだ翻訳もされていない本に『REMOTE FIRST』という書籍があって、それが今の時…

CRO Hack
2年前

リモート環境下での営業マネジメントの秘訣【マネジメントフォーマット公開】

リモートこそ組織の強さが問われる こんにちは、CROHackの執筆を担当している友野です。この記…

CRO Hack
2年前

逆風下でもリード5倍増を実現するウェビナーと既存資産の活用とは?

創業以来急成長を続け、スタートアップ界隈でこれまで存在感を示してきたウィルゲートとユーザ…

CRO Hack
2年前

2ヵ月で15件の大手企業アポに成功した「顧問活用」の秘訣

こんにちは、CROHackで執筆を担当している大島(@crohack_oshima)です。 突然ですが皆様は「…

CRO Hack
2年前

LTV(ライフタイムバリュー)の概念-計算方法と最大化に必要なポイントとは

こんにちは、CROHack編集長の松尾(@daisukemo)です。 プロダクトをグロースさせていくためには、新規の顧客を獲得し続けることも重要な観点ですが、既存顧客からより多くの利益を生み出すことも同じ重要なポイントです。 その指標として使われるのがLTV(Life Time Value=ライフタイムバリュー)と呼ばれるもので、こんな時代の今だからこそ、LTVを高めるためにできることを考え、顧客に向き合っていく必要があります。 そこで今回は、改めてLTVの考え方や計算

スキ
16

今再考する「THE MODEL」の本質-営業組織の分業化と注意すべき副作用とは

-「THE MODEL」を再考する意義こんにちは。CRO Hack編集メンバーの松本(@ryota_fs200)です…

CRO Hack
2年前

『THE MODEL』の著者が明かす、本当に伝えたかった“営業組織“とは?

皆さんこんにちは、CROHack運営メンバーの大島(@crohack_oshima)です。 前回、運営メンバー…

CRO Hack
2年前

MA(マーケティングオートメーション)はデジタルマーケティングの救世主なのか?

こんにちは、CROHackです。 いまや、大手企業やBtoC企業だけでなく、BtoBの中小・中堅の企業…

CRO Hack
1年前

営業のリモート化で重要な「コマーシャルインサイト」とは?

-はじめにこんにちは、CROHackを運営しているリブ・コンサルティングの水谷です。 この記事…

CRO Hack
1年前

SFAの定着ができない原因はツールの種類ではなく「共通言語」にあった⁉

「SFAツール、使いこなせてますか?」 こんにちは、CROHackを運営しているリブ・コンサルティ…

CRO Hack
1年前

デジタル時代のBtoB営業戦略・営業活動のポイントとは

こんにちは、CROHack編集長の松尾(@daisukemo)です。 近年のデジタル化の波はもちろん、コ…

CRO Hack
1年前

インサイドセールスの2つのコツ-意思決定者への効果的なリーチ方法とは

こんにちは、CROHackです。 この1年で改めて注目を集めているインサイドセールス。しかしインサイドセールスはフィールドセールスに従来型の営業活動の型をそのまま当てはめると、通用しないどころか大きな失敗につながることも少なくありません。特にコミュニケーションにおいては十分な注意が必要になるでしょう。 前提として覚えておくべきなのは、基本的にインサイドセールスによって得られたリードは、意思決定者ではないことがほとんどです。そのためインサイドセールスでは、リードを獲得した「

スキ
12