マガジンのカバー画像

収益を「創り出す」

34
企業・事業戦略や、新規事業など「収益」を創り出すための記事をまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

#スタートアップ

CRO(Chief Revenue Officer)とは?日本イチ細かく解説しま…

初めまして! CRO Hackを運営している株式会社リブ・コンサルティングの権田です。 突然です…

CRO Hack
2年前

企業のグロースが止まる理由-プロダクトマーケットフィットは“複数回”起こす-

前回の記事では、CROというポジションとは何か?というテーマで執筆しましたが、第2回となる今…

CRO Hack
2年前

AARRRモデル-グロースハックにおいて最も勘違いされがちなこととは?

前回の記事では、グロースのために必要な「PMF」の考え方についてご紹介しました。 ▼前回の…

CRO Hack
2年前

「グロース」より重要な2ステップと押さえておきたいフレームワーク

今回は、プロダクトのグロースをするために、絶対に押させておきたい「グロースより前の2ステ…

CRO Hack
2年前

事業をつくりだす<バリューカプセル>の見つけ方【資料無料DL】

-新しいオプションで、向かい風を追い風に変えるこんにちは。CROHackで編集長を務める松尾大…

CRO Hack
2年前

Salesforceの決算から学ぶSaaSビジネスTips

こんにちは、CROHack編集部の船戸です。 NYSE(ニューヨーク証券取引所)銘柄から編集部が注…

CRO Hack
1年前

成功率たった10%⁉事業立ち上げの成功率を上げる方法

こんにちは。CROHack編集部の大﨑(@RyosukeOsaki)です。 突然ですが、皆さまの会社ではどのように新事業/新サービスの開発を行っていますか? プロダクトライフサイクルが短命化するなかで、大企業だけでなく、中小ベンチャー企業も新たな事業の柱を早く作り、市場シェアを確立する事が企業存続においては死活問題といえます。そんな中、経営者の方達との会話を通じて下記のような課題をよく耳にします。 ・ プロダクト開発は目処が付いたけど、検証/営業する為のメンバーが不足し

スキ
12

勝ち組ベンチャーに共通する前向き思考 -リブから見たICCサミット KYOTO …

こんにちは、CROHackの大島(@crohack_oshima)です。 9月初旬に開催されたIndustry Co-Creation…

CRO Hack
1年前

新規事業の立ち上げ成功プロセスとフレームワーク6選

こんにちは、CRO Hack編集長の松尾(@daisukemo)です。 企業が新規事業を立ち上げるとき、ど…

CRO Hack
1年前

BtoB SaaS企業の事業グロースの勝利の方程式とは【資料無料DL】

こんにちは、CROHackの大島(@crohack_oshima)です。 先日参加したICCサミット KYOTO 2020の2…

CRO Hack
1年前

スタートアップがハードシングスを乗り越えるための新・組織論【資料DLあり】

こんにちは、CROHackです。 コロナにより、リモートワークへの対応、マネジメントの在り方の…

CRO Hack
1年前

有形商材ベンチャーのジレンマ-事業戦略を考えるときのポイントとは?

こんにちは!CROHackの坊(@crohack_bou)です。 ベンチャー企業というと、SaaS等の無形商材…

CRO Hack
1年前

SaaS事業のビジネスモデルと事業計画を成功させるための指標

こんにちは、CROHackです。 CROHackでは、これまで何度もSaaS事業についての記事を作っていま…

CRO Hack
1年前

新規事業の狙い目とは?-参入を決める"考え方"とプロセスを解説

こんにちは、CROHackです。 一部地域では緊急事態宣言が期限前の解除となりましたが、まだまだコロナの話題は尽きない2021年ですが、そんな状況下でも企業は生き残りをかけて既存事業の成長、および新規事業の創出を考えなければいけません。 しかし、2019年以前と現在では、コロナの影響もあり世の中で求められているものや消費者ニーズが大きく変化してます。また、元の生活に戻るには少なくとも数年の期間を要するどころか、「元には戻らない」という意見もあります。 仮に、数年かけて仕

スキ
7