営業・マーケティングメソッド

11

SFA導入でよくある失敗事例と本質的な原因~成功のポイントを徹底解説~

「SFAツール、使いこなせてますか?」

こんにちは、CROHackを運営しているリブ・コンサルティングの水谷です。
コロナによりデジタル化が叫ばれるようになったのをきっかけに、デジタル化を一気に進めた企業は多いと思います。そしてその中で、業務効率化・精緻化のために、数多くの企業がSFAツールを導入しています。

しかし、多くの導入とは裏腹に、うまく使えている企業はかなり少数派といえます。
「SF

もっとみる
ありがとうございますーー!
7

商談のリモート化で浮き彫りになる”営業上の真の課題”-デジタル化2.0を超えるコマーシャルインサイトとは?

-はじめに

こんにちは、CROHackを運営しているリブ・コンサルティングの水谷です。

この記事を執筆している2020年10月末現在、「デジタル化」という話はすでに当たり前になりつつありますが、加速したデジタル化の流れや補助金の流れに乗って、オンライン面談ツールやSFAツールを導入したという企業も多いのではないでしょうか?

引用:アサインナビ

わたしも普段はリブ・コンサルティングで多くの営

もっとみる
ありがとうございますーー!
9

ウィルゲート吉岡さんに聞く ”事業戦略としてのソーシャルセリング”

こんにちは、CROHackの執筆を担当している清水です。

コロナ禍において、多くの企業では売り上げを伸ばすのに何か良い方法はないかと模索しているかと思います。そんな中で現在注目されているのがソーシャルセリングです。

ソーシャルセリングとは
ソーシャル・ネットワークを活用し、直接顧客と交流し、顧客の信頼残高を積み上げることで購買行動に導くこと

1人のSNS経由で1億を超える利益を獲得!?

もっとみる
わたしもスキ…♥
38

【インタビュー】「導入期~成熟期」各フェーズに求められる営業組織 -『THE MODEL』の著者が伝えたかった“組織“とは

皆さんこんにちは、CROHack運営メンバーの大島(@crohack_oshima)です。

前回、運営メンバーの松本が「THE MODEL の本質」というテーマで営業組織についての記事を書きましたが、THE MODEL については分業体制であるという認識が先行して浸透してしまっており、その副作用や企業の発展フェーズにおいて発生する様々な組織課題などがあまり語られていない現状があります。

【(狭

もっとみる
今日もいちにち頑張りましょう!
32

【対談】才流 栗原さんと語る-アフターコロナにおける収益向上のための戦略論

皆さんこんにちは、CROHack運営メンバーの大島(@crohack_oshima)です。今回は、ゲストに株式会社才流の代表取締役社長 栗原康太さんをお呼びして、CROHackエバンジェリストの権田との「対談」形式で記事をお届けいたします。

さて、今回の新型コロナウイルス感染症という世界的な危機によって、経営陣が自社のバーンレート(会社経営に必要な1ヶ月の消費コスト)を見直すきっかけになった企業

もっとみる
よろしければTwitterシェアもお待ちしてます!
43

ベンチャーグロースにおけるNEW NORMAL-逆風下でもリード5倍増を実現するCROたちによる緊急対談-

創業以来急成長を続け、スタートアップ界隈でこれまで存在感を示してきたウィルゲートとユーザベース。両社の事業拡大を支えてきたイベント・セミナーを活用した新規顧客獲得手法は、新型コロナウイルスによって行く手を阻まれるように見えます。

しかし、逆風下において、新たな取り組みを次々と試行し、リード数も5倍以上に増やしているという。早速、その新たな成功パターンについて、リブ・コンサルティングCOOの権田が

もっとみる
投稿の励みになります!
26

大手企業開拓(エンタープライズセールス)の特効薬!? -顧問活用とは-

こんにちは、CROHackで執筆を担当している大島(@crohack_oshima)です。

突然ですが皆様は「大手企業開拓(エンタープライズセールス)」に取り組んだことはありますでしょうか?(この記事は大手企業開拓に取り組まれている、取り組む予定がある方向けの記事となっています)

BtoB企業にとって、とても重要な大手企業開拓ですが、その重要性は理解されているものの、実際うまく開拓が進んでいる

もっとみる
ありがとうございますーー!
14

リモートワーク環境下での営業マネジメント【マネジメントツール無料公開】

リモートこそ組織の強さが問われる

こんにちは、CROHackの執筆を担当している友野です。この記事を執筆している2020年5月25日現在、全国で緊急事態宣言の解除が正式決定しました。しかし、以前のように対面で営業活動が再開されるまでには、まだ時間がかかると思われます。

今回の新型コロナウイルスの感染拡大によって、初めてリモートワークを余儀なくされた企業も少なくないのではないでしょうか。顔が見え

もっとみる
よろしければTwitterシェアもお待ちしてます!
15

生き残りをかける ウィズコロナ時代の新規・既存営業戦略

いよいよ営業のアップデートは一刻を争う

初めまして、CROHackを運営しているリブ・コンサルティングで主にスタートアップのグロースを支援している友野(@lib_tomono)です。

近年、営業関連のカンファレンスで「セールステック」というキーワードを目にすることが増えました。SFAやMAの導入は当たり前になりつつあり、セールスイネーブルメントなど新たな領域も生まれています。

また福田康隆氏

もっとみる
ありがとうございますーー!
44

インサイドセールスの盲点-成約数が伸びないたった1つの理由-

デジタルの進化やマーケティングオートメーションの出現により、インサイドセールスが新しいセールスモデルとして期待され、多くの企業が取り組み出してから、しばらくが経ちます。

インサイドセールスは、日本では2014年頃に注目を集め、今や企業の営業活動において、もっとも標準的な手法として広く理解されるようになりました。

しかしながら、昨今インサイドセールスに取り組んできた企業の間で、その有用性について

もっとみる
よろしければフォローください!
31